• HOME
  • こしがや“つなレコ” -媒体詳細

こしがや“つなレコ”

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は日常生活に大きな影響を与え、直接人と会うことができない、思うように意思疎通を図ることができないなどの理由から、不安や孤独を感じることもあります。そうした状況の中、市内の人と人、人と場所などの“つながり”を振り返ることで、地域の中で暮らすことの意義や価値を改めて考えることのできる内容を目指しました。制作にあたっては、コロナ禍においても市民が主体となった冊子づくりを進めるため、Web会議用アプリケーションZoomを活用したオンラインによる市民ワークショップを6回開催し、合計45人の市民が参加しました。また、ワークショップではグラフィックレコーディングという「図解」の手法を利用し、進行に合わせて描くイラストや図式で論点を整理しました。ワークショップの中で描いたイラストについては冊子の中でも使用しています。

「読者投票部門」の有効票について:一人の投票者が当サイトにて、一日一媒体につき一回行った投票を、有効票としてカウント。
有効票の総数を媒体の総得票数とし、その総得票数を基に読者投票部門の最終順位を決定いたします。
当サイトの内容について、著作権法第30条の私的使用又は第32条の引用規程に於いて認められた行為を除き、無断複写・転載・加工を禁じます。