仙台朝市通信 宮城県

仙台朝市通信

■審査・投票:10/1~11/9予定
■展示会:11月末~12月初旬予定
■授賞イベント:12月初旬予定

「仙台朝市通信」は、仙台の台所、仙台朝市の魅力を伝える季刊のフリーペーパーです。
グルメ大名「伊達政宗」が築いてきた食の歴史や豊かな食材、そして登場人物の笑顔が大きな魅力です。
今年で創刊3年目となりましたが、毎号、旬の食材をテーマに「売る人」、「買う人」が登場し、読者の方々に「食べてみたい」、「行ってみたい」という気持ちになってもらえるような媒体を目指しています。
また、今では稀少になった、言葉を介しての食の大切さをつなげ続ける 仙台朝市を、多くの人に知って楽しんでもらいたいと内容構成しています。
全ページに仙台七夕の竹ざおを原料とした再生紙「竹紙」を使い、水彩画と写真による表現を組み合わせて食材や朝市の雰囲気を伝えています。
仙台のことをもっと知り、もっと好きになって、みんなで仙台を自慢する地域情報誌です。
誌面のQRコードから電子ブックへ誘導、臨場感のある動画サイトにも連携しています。
電子ブックの多言語化でインバウンドへも対応しています。
仙台空港案内所、駅の観光案内所、観光施設、宿泊施設などで配布しています。

» 誌面(自慢の特集)を見る

» 媒体情報を見る

プレゼントに応募する