ビジネスモデル部門 最優秀賞ノミネート ※順不同

【ビジネスモデル部門賞】
出版事業をイノベーティブに捉え、従来の広告モデルのみに頼らず、新しい収益モデル確立に果敢にチャレンジしている媒体に与えられる賞です。

  • 内閣府地方創生推進事務局長賞
  • 観光庁長官賞
  • 観光部門賞
  • グルメ部門賞
  • ライフスタイル部門賞
  • コミュニティ部門賞
  • ビジネスモデル部門賞
  • 新創刊部門賞
  • 企業誌部門賞
  • 海外部門
  • タブロイド部門
  • タウン誌部門
  • ノミネートトップ

受賞媒体  発表されました!

楽遊IDOL PASS (全国/有料)

アイドル物販で買える!使える!クーポン付きアイドル情報誌として、全国100組のアイドルを物販で使えるお得なクーポン付きで紹介。アイドルファンに絶大な支持を得ています。全国のタワレコ・HMVのみならず、掲載アイドルの物販で直接購買が可能なので、アイドルファンへのリーチ率が高く、実際にアイドル活動をしている、編集アイドルの「楽遊アイドル編集部」が制作(インタビュー&編集記事はアイドル編集長 福島ゆかが執筆)しているので、アイドルファンからの馴染みも深いのが特徴。アイドルファン・アイドル運営、双方にとって役に立つアイドル業界全体の活性化を目的とした雑誌となっている。

耕Life (愛知県/無料)

「人生を耕す」をコンセプトに「食」「農」「暮らし」「環境」「文化」について考え、学んでいく愛知県豊田市を中心に発行しているフリーペーパーです。 地元の季節を感じる農産物の特集や、市内を流れる矢作川をテーマにした特集、地域に根ざした活動をしている方を取り上げ、地域で暮らす方達が顔の見える関係性が築けるような取り組みをしております。 クライアントとコラボした記事、企画を組む事で、広告という形を減らし、読み物として楽しんで頂ける構成になっているのも特徴です。 2017年夏号は「あゆ特集」として豊田市を流れる矢作川の話から、鮎やなの遊び方、鮎の一生の漫画など様々な表現方法であゆの魅力を伝えています。また、すべての材料をゼロから調達し料理を作る「本気部」、編集部自ら養蜂をし、ミツバチのことを伝える「ミツバチと生きる」など独自企画を誌面を通じ展開しています。 年4回発行 48ページフルカラー 15,000部発行

フリーマガジンHen (福岡県/無料)

フリーマガジンHenは、福岡県筑豊地区の生活に役立つ情報を発信する地域密着型の情報誌です。地域の皆さまに愛され、創刊10周年を迎えることができました。 フリーペーパーのみならず、企業や自治体と協力しイベントや情報発信などに力を入れることで、地域貢献に繋げています。 イベントでは、筑豊地区の魅力を食と文化で紹介する「筑豊フェア」の開催や、住まいの悩み相談など知りたい情報を一堂に会する「住まい博」や、地元企業と福岡県内の学生とのマッチングを行い、就職を斡旋する合同会社説明会など、人と人をつなげるイベントを行っています。 情報発信としては、筑豊地区初となる美容店のクーポン付の本「Chikuhou Beauty Passport」の製作・販売を行ってきました。また、嘉麻市とコラボして、嘉麻市マスコットキャラクターかまししちゃんをあしらった「婚姻届」の製作や、飯塚嘉麻のガイドブック「嘉飯ぐるぐる」の製作をしております。

Botapii[ボタピー] (東京都/無料)

“植物と暮らしを豊かに。“をコンセプトに、月間200万人の園芸ファンが訪れるWEBメディア「LOVEGREEN(ラブグリーン)」を母体とするフリーペーパー「Botapii(ボタピー)by LOVEGREEN」は、植物の育て方や花の飾り方、ガーデンDIY等、園芸と暮らしにまつわる情報誌。社内では数百種類の植物を育成しており、そのノウハウを記事にしている。 紙媒体の制作経験者はゼロだが、各植物の愛好家や園芸の現場で活躍しているスタッフを中心に企画・取材・執筆・編集まで行い、2017年2月の創刊から8か月で設置店1,200店舗を突破するメディアに成長。現在では、全国の生花店・園芸店・ホームセンター等で配布されており、Instagramでも盛り上がりを見せる。 また、アンケートでは読者の約70%が「購買の際にBotapiiを参考にしたことがある」と回答。全国の生花店や園芸店へのアンケートでは、約73%が「Botapiiを販売促進に利用している」と回答しており、販売促進に役立つツールとしても活用されている。